詩篇 147篇

目次  第146篇  第148篇

147 1 ハレルヤ。まことに、われらの神にほめ歌を歌うのは良い。まことに楽しく、賛美は麗しい。
147 2 *主はエルサレムを建てイスラエルの追い散らされた者を集める。
147 3 *主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。
147 4 *主は星の数を数え、そのすべてに名をつける。
147 5 われらの*主は偉大であり、力に富み、その英知は測りがたい。
147 6 *主は心の貧しい者をささえ、悪者を地面に引き降ろす。
147 7 感謝をもって*主に歌え。立琴でわれらの神にほめ歌を歌え。
147 8 神は雲で天をおおい、地のために雨を備え、また、山々に草を生えさせ、
147 9 獣に、また、鳴く烏の子に食物を与える方。
147 10 神は馬の力を喜ばず、歩兵を好まない。
147 11 *主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを*主は好まれる。
147 12 エルサレムよ。*主をほめ歌え。シオンよ。あなたの神をほめたたえよ。
147 13 *主は、あなたの門のかんぬきを強め、あなたの中にいる子らを祝福しておられるからだ。
147 14 *主は、あなたの地境に平和を置き、最良の小麦であなたを満たされる。
147 15 *主は地に命令を送られる。そのことばはすみやかに走る。
147 16 *主は羊毛のように雪を降らせ、灰のように霜をまかれる。
147 17 *主は氷をパンくずのように投げつける。だれがその寒さに耐ええようか。
147 18 *主が、みことばを送って、これらを溶かし、ご自分の風を吹かせると、水は流れる。
147 19 *主はヤコブには、みことばを、イスラエルには、おきてとさばきを告げられる。
147 20 *主は、どんな国々にも、このようには、なさらなかった。さばきについて彼らは知っていない。ハレルヤ。

第148篇